あらすじ

プログラムに入り込み直接バグを除去するバグバスターズ。
数々の陰謀を阻止してきた彼らには、ゲームのバグ除去以外にも、様々なミッションが舞い込んでくるようになる。
警視庁のHP等国の重要機関のサイトに不正侵入し、いたずらを残す事件が多発。その痕跡を辿ると、あるサーバーを経由している事がわかる。そのサーバーとは、エリート達を集め英才教育を施す帝(みかど)高校だった。
高校内の危険因子を調査する依頼がバグバスターズに入るが、メンバーは海外の任務に全て出払っており、一人国内にいたブルーこと青柳茂樹が、教師となって潜入捜査をすることに、しかしその帝高校は、コンピューターが全ての授業を管理する次世代の高校だった…。